« 10ヶ月 | トップページ | 冬 »

2016年1月 8日 (金)

兆し

長い間ひどいカイカイに悩まされてきたララァの病状ですが…
 
抗生剤とステロイドで一時治まっています。
それと、真剣に食物アレルギーも視野にいれないと薬を止めた途端の再発にもなりかねないので…
 

1452244506831.jpg
少し出費は嵩みますが、1ヶ月は完全にこの療法食のみでがんばってもらいます。 
 
けど…これで再発しないとなれば、やはりフードからくるアレルギー?
そうなれば一体なにを与えればいいのやら 

1452244871975.jpg

 
↑いつもありがとうございます。
ララァの闘病記は右上のMIX小型犬バナーをクリック!!

|

« 10ヶ月 | トップページ | 冬 »

コメント

遅ればせながら、明けましておめでとうございます!

ララァちゃん、ご心配ですね。。
しゅしゅは同じフードですこぶる調子がいいのですが、それでも、若干、アレルギー体質かもしれないとは感じる事があります。
パピーの頃はカイカイだったので、その時は確定はしてませんが、おそらくラム肉では?と思って、それ以来、ラムだけは避けてきています。

さて、以前書かせていただいていた野良猫問題。
去年は3匹の子猫(といっても4カ月ほどなので慣れるのが大変そうですが)を保護して里親さんの元へ。
一匹の母猫は避妊手術もして、飼うことは無理なので元の場所にリリース、周りにご理解も頂いて面倒をみています。
後、2匹の母猫手術を目標にしていますが、子猫を保護してから、滅多に姿を現さなくなって、捕獲が非常に難しい状況です。
去年は全て自腹を切って頑張ってきたけど、少しづつ周りの理解も得られるようになった気もするので、出来たら、京都市が補助を出してくれる「まちねこ活動」が出来たら助かるなぁと思っています。
でも、一見、いい活動に思えても、現実は私が保護をしている地域が近くでも地域が違うので代表にはなれず、それ以外でも色んな手続きや段階を踏まないと難しいので、いつ子猫を産むかもしれない状況下では、去年は実現ができませんでした。
また野良猫が多すぎて迷惑しているというほどでもないようで、活動をするほどでも、というお考えの方が多いようで。
猫ちゃんは怖くて触れない私ですが、野良猫だって可愛いし、同じ命。
その子一代の命を全うできる生活をさせてやりたいと思います。
ただ現在、何とか早く捕獲して手術をしてやりたい母猫ですが、野良猫の手術を受け入れてくれる動物病院がなかなかありません。
今まで子猫の検査や手術をした病院も初めての経験らしく、手術に関しては、日を確定しないと受け付けてくれないという状態で、野良猫を確実にその日に合わせて捕獲できるというのは困難です。
ご理解のあるいい病院、京都市内でご存じでしたら情報をお願いします。m(_ _)m

投稿: どみる | 2016年1月 9日 (土) 17時22分

どみるさん

あけましておめでとうございますm(_ _)mm(_ _)m
今年も宜しくお願いします。
 
まだ結果はわからないですが、フードアレルギーって本当にたいへんですよね。
血液検査しても結局全てに反応がでてしまうらしいですから…
 
今は完全な療法食で皮膚の再生を待つのみです。
 
野良猫ちゃんの保護活動、本当にご苦労様です。
確かに親猫ちゃんの捕獲は難しいと思います。
 
子供の頃は野良猫なんて家の周りにわんさかいましたよね
ほとんどがトラ猫で(^0^)
 
今でも憶えていますが、唯一真っ黒助の野良にゃんにいつもご飯をあげていたら、いつの間にか遠くの足音だけで何処からともなく姿を現すようになりました。
  
活動は大変かと思いますが、成功をお祈りしています。
 
変な話ですが、家のライヤは家の玄関ドアを開けた瞬間に飛び出す事がごくたまにあるんですよ(゚ω゚)
 
幸いにも、すぐに車の下に滑り込むだけですぐに引きずり出す事が出来るのですが…
もし何処かに行ってしまって寒空の下で野良猫になってしまうなんて事を想像するだけで涙が出そうになりますよ
 
だからいつも野良にゃんを見かける度に、たくましく生きているものの不憫に思ってしまいます。
 
だから少しでも野良にゃんを助けてあげて下さいね

投稿: | 2016年1月 9日 (土) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10ヶ月 | トップページ | 冬 »